The Gospel Of GRACE

『The Gospel Of GRACE』

Piano & Vocal

Sep 13th, 2018 Release

下記にて配信中!

ある時、大学一年生から、こんな感想をもらいました。

“ゴスペルのイメージは、
自由な感じで明るいものだと思っていました。
NOBUさんの授業を受けてゴスペルの背景には
黒人奴隷の命をかけた思いがあり、
神様のことばを励みに生きていたことを知り、
さらにゴスペルは魅力的な音楽で、
もっと色んな曲について知りたいと思いました。”

この言葉がきっかけとなって、
今回の『The Gospel Of GRACE』ができました。

バンドやクワイアは入っていません。

ただただシンプルに、

賛美の原点を大切にしつつ

ピアノの弾き語り一発録音をベースに作っています。
鬼無宣寿

Lyrics & Background

Words by REGINALD HEBER
Music by JOHN B. DYKES
Arranged by NOBUHISA KINASHI
Scripture Reference: Revelation 4

19世紀に作られたこの曲は、今なお世界中で愛されている讃美歌で、日本語ではタイトル”せいなるかな”で親しまれています。
新約聖書の黙示録4章に登場する「天の礼拝」が元になっている歌で、神さまの前でケルブムやセラフィムのような御使いたちが歌い、24人の長老たちがひれ伏して冠を投げ出している様子が見られます。

1.
Holy, Holy, Holy,
Lord God Almighty!
Early in the morning our song shall rise to Thee;
Holy, Holy, Holy!
Merciful and Mighty!
God in Three Persons, blessed Trinity!

聖なる 聖なる 聖なる
主なる偉大なる神よ!
朝早く 私たちはあなたにこの賛美をささげます
聖なるかな 聖なるかな 聖なるかな
恵み深く 偉大な方
三つの位格をもつ唯一の神
ほめたたえられるべき三位一体の神

2
Holy, Holy, Holy!
All the saints adore Thee,
Casting down their golden crowns around the glassy sea;
Cherubim and seraphim
Falling down before Thee,
Which wert and art and ever more shalt be.

聖なる 聖なる 聖なる
全ての聖徒たちはあなたをあがめます
ガラスの海のまわりにその黄金の冠を投げ出して
ケルビムとセラフィムも
あなたの前にひれ伏して
昔おられ 今もおられ これからもおられる方に

3
Holy, Holy, Holy!
Though the darkness hide Thee,
Though the eye of sinful man Thy glory may not see;
Only Thou art holy
There is none beside Thee
Perfect in power in love and purity

聖なる 聖なる 聖なる
闇はあなたを隠そうとするけれど
罪深いものの目にはあなたの栄光は見えないかもしれないけれど
ただあなただけが聖なる方
あなたの前に並ぶものはいない
力において 愛において きよさにおいて
完全なる方

Words and Music by NOBUHISA KINASHI
Scripture Reference: Revelation 4:11

1曲目の”Holy, Holy, Holy”をレコーデイィング中に浮かんだ曲です。神さまは、空も大地も全てを創られた。だから、あなたこそ栄光と誉れと力を受けるにふさわしい方、という黙示録4章の長老たちの言葉にインスピレーションを受けました。

You are worthy
You are worthy
You are worthy
To receive Glory, Honor, and Power.

あなたはふさわしい方
栄光と 栄誉と 力を受けるのに

Words and Music by NOBUHISA KINASHI
Scripture Reference: Psalm 19:1

ふっとした時に思う自然のすばらしさ、偉大さ。それは大きな太陽だけでなく、小さなタンポポもそう。自然は当たり前に存在するけど、どれ一つ人間が一から創ったものは見当たらない。そんな時、神さまの素晴らしさやUnconditional Love(無条件の愛)にただただ感謝が溢れてきました。

1
ときどき ふっと おもうこと
帰り道に 空見上げ
もしもぼくが 絵描きでも
この夕焼けは 描けない

ときどき ふっと おもうこと散歩途中の みちばたで
もしもぼくが 花屋さんでも
このタンポポさえ つくれない

全てのものが 語りかけている
神さまからの Unconditional Love
ひとりきりで 歩いたこの道も
そばにいた My only God

2
ときどき ふっと おもうこと
疲れたからだをもたれかけ
ぼくはこのWood chairをつくれても高くそびえる木は つくれない

ときどき ふっと おもうこと
どこからか聴こえる さえずりに
ぼくは真似をして 口笛ふけるけど
空を飛ぶ小鳥は つくれない

声をあげて 歌い続ける
命のかぎり あなたへの歌
ひとりきりで 歩くこの道も
共にいる My only God
そばにいる My only God

Words by JOHN NEWTON
Music by American Melody
Arranged by NOBUHISA KINASHI
Scripture Reference: 1 Chronicles 17:16-17

誰もが知っている讃美歌で日本語では”おどろくばかりの”で親しまれています。作者のJOHN NEWTONが奴隷船の船長であったことは有名な話ですが、彼がこの詩を書くまでに船長を退任してから約25年後も経っています。船乗りの時、嵐に遭遇し神に祈り助かったことだけでなく、その後の人生でも多くのGrace=恵みを感じ、その25年を綴ったのではないかなと思います。牧師になったJOHNは、この”Amazing Grace”を1773年の1月1日の新年礼拝のために書いたと言われています。
一般的に歌われている英語詞の4番ではなく、JOHNが書いたオリジナルの4番詞が好きなので、今回はそちらを用いました。

1
Amazing grace!
(How sweet the sound)
That saved a wretch like me!
I once was lost, but now am found,
Was blind, but now I see

アメイジング・グレイス!
(なんという麗しい響き)
その恵みはこんなみじめな私を救ってくれた!
かつては失われた存在だったが
今は見出され
盲目だったが
今ははっきりと見える

2
‘Twas grace that taught my heart to fear,
And grace my fears relieved;
How precious did that grace appear,
The hour I first believed!

私の心に畏怖を教えてくれた恵み
そしてその恵みは私を恐れから解放してくれた
なんと尊いことか その恵みが示してくれたことは
それは私が初めて信じた時だった

(3番は省略)

4
The Lord has promised good to me,
His word my hope secures;
He will my shield and portion be,
As long as life endures.

主は私に良きことを約束してくださった
そのことばこそ私の希望を確かなものにしてくださる
神こそ私の盾 私の受ける分
この命が続くかぎり

Words and Music by NOBUHISA KINASHI
Scripture Reference: Ephesians 2

“Amazing Grace”の作者JOHN NEWTONは言いました。「こんなちっぽけな私を救ってくれるなんて。なんという驚くばかりの恵み! 」彼は神の愛を知り、自分の人生が価値あるものだと気づきました。そして人生は、神さまのために使うものだと歩みを方向転換しました。それはJOHNだけでなく、今の私にとっても同じことが言えます。自分の力や努力には限界があるし、完全にはなれない。正しくあろうと思っても、そうできない自分がいる。神さまに背を向けて歩む自分を、ただただその大きな愛と恵みによって神さまは救ってくれた。いや救い続けてくれている。

そう思うとふと、「We are saved by Grace」という言葉が浮かんできました。

We are saved by Grace,
We are saved by Love,
We are saved by Grace
To live with Jesus Christ, to be God’s own child.

私たちは恵みによって救われた
愛によって救われた
恵みによって救われた
イエス・キリストと歩むため
神ご自身の子とされるため

I was dead in MY trespasses
And walked in the shadow of MY sins,
God had no say over the life,
I thought was mine own to live
But in His great love,
He has changed my life!
I will give my everything to You!

私は以前 罪過の中に死んだもので
自分の罪の影の中を歩んでいた
神なんて必要なく
人生は自分のものだと思っていた
でもその大きな愛によって
私の人生は変えられた!
だから私は全てをあなたに捧げたいのです

Recording Studio : Wisdom Studio、Recording Engineer : Kaz Matsuda、Mix & Mastering : Kaz Matsuda