ゴスペルとの出会い

ゴスペルとの出会い

ゴスペルとの出会い 

ゴスペルとの出会いは、高校生のときでした。当時、洋楽が好きだったので新しい曲を仕入れるために、ラジオをよく聴いていました。今のように「洋楽 おすすめ」とインターネットで検索できなかったので、努力して好きな曲を探さなければなりませんでした。番組名はもう忘れてしまいましたが、ボズ・スキャッグス、ビリー・ジョエル、ビートルズの曲など、その番組をきっかけに知ることができた記憶があります。しかし問題は、その番組で曲が流れるとき、DJが一回しかアーティストと曲名を言ってくれないことです。

 

 

「OK、それではお聴きください。ボズ・スキャッグスで《We’re All Alone》です。」

 

 

「もうちょっとゆっくり話してよ!」と思いながらも、曲が流れる前に紹介されるアーティストと曲名を聴き取り速記しないといけません。もちろんアーティストと曲名は英語ですから、紙と鉛筆を片手に戦闘態勢です。「ボク・スカンクス?」と間違えて書いたこともあります。当たり前ですが、翌日CDショップでボク・スカンクスを探しても見当たるわけがありません。「あーいい曲だったのに、もう出会えない……」と、何度も敗戦を喫したことがあります。

 

 

ある日いつものように、ラジオで聴いた曲をレンタルしようとCDショップに行ったときのことです。ふと、GOSPELという言葉に目が止まりました。確か、ワールドミュージックのコーナーに置いてあったと思います。(今でもゴスペルは、CDショップでワールドミュージックというジャンルに肩身狭そうに置かれてあります。)私はその頃、学内でバンドを組んでギターボーカルをしていたので、「色々なジャンルを聴いておくことは勉強になるな」と思い、何となく良さそうに見えたゴスペルのアルバムを1枚レンタルすることにしました。

今ではハッキリと覚えていませんが、おそらくそのCDは、「Kirk Franklin(カーク・フランクリン)」という人の『Kirk Franklin & the Family』というアルバムだったのではないかと思います。

 

帰宅してCDプレイヤーにセットし、いつものように好きな曲を探そうと聴き始めた途端、すさまじい衝撃が走りました。涙が止まらなくなってしまったのです。

 

 

「一体この音楽はなんだ?」

 

 

涙が止まらないだけでなく、心の奥底というか深い部分をドンドンとノックされているような感情です。なぜそのような衝撃が走ったのでしょう。それまで聴いていたボズ・スキャッグスやビートルズとゴスペルとでは何が違うのでしょう。

 

 

衝撃を感じた理由

1. 曲のイントロや途中でMCがある
まず違いの1つ目に、ゴスペル音楽にはイントロや曲中でMCがあることです。例えばビートルズの名曲に《Yesterday》という曲があります。このイントロ部分で、ジョン・レノンがこんな風に話していたとします。

「さあ、心苦しんでいる人、困難にぶち当たっている人、聴いて。必ず夜は明けるから。さあ神を見上げてごらん。」

そんなことあるわけないと思われたでしょう。私も同じです。イントロでMCのある曲なんて聞いたことがありませんでした。でもゴスペル音楽にはあるのです。もちろん全て英語なので、高校生の私には何を話しているのかわかりませんでした。でも話している人は、とにかく熱かったのです。何か切羽詰まったような、それでいて温かさを感じる言葉だったのです。

 

 

2. 声の音圧がすごい
2つ目の違いとして、声の音圧がすごいことです。当時、洋楽のロックやポップス、R&Bなども聴いていました。それらの曲の多くは、1曲のほとんどを一人が歌うか、多くて3人くらいまででしょう。ところがゴスペルの場合、10人から30人の人が一斉に歌っています。しかも一人ひとりが、魂から叫んで歌っているようで、その音圧はスピーカーを超えて響いていたのです。

 

 

3. 曲中で泣いている人がいる
3つ目の違いとして、曲中で泣いている人がいることです。みなさんの中でこれまでに、泣きながら歌っている曲を聞いたことはありますか? 実際に想像してみてください。みなさんがCDを作る側だとします。レコーディングスタジオに入って、練習した曲を録音するわけです。歌詞を間違えないようにとか、音程を外さないようにとか考えて歌うでしょう。または気持ちを込めたとしても、レコーディングスタジオで泣くということはあまりないと思います。ゴスペルの場合、イントロから人が泣いたり、誰かに語っていたり、また曲中で叫んでいる人がいたりするのです。

 

今冷静に考えて、他の洋楽と違う点は上記のように挙げられると思います。しかしまだ残る疑問があります。

「彼らはなぜ泣いているのだろう? いや、私はなぜ泣いているのだろう?」

 

 

2人の自分

高校生の頃、私の中には2人の自分がいました。1人目は、何でもできるという「イキガリNOBU」、もう1人は、生きる本当の意味を探す「迷える子羊NOBU」です。

 

 

イキガリNOBUは、努力をすればなんだってやり遂げられると考えています。実際に、スポーツと音楽が好きだった私は、バスケット部と軽音部の両方に所属していました。今の私しか知らない人は、私が文化系一本で歩んできて、小さい頃から音楽教育を受けた少年だったと思うようですが、実際は音楽よりスポーツで進学を考えていたほどです。

確かに小学3年生くらいの頃までピアノを習っていました。しかし、外で遊びたい欲求の方が勝り、それまで習っていたピアノを放棄。ピアノよりも水泳、サッカー、バスケットなどスポーツの方に明け暮れていました。そして、何だって努力すればやりたいことは叶うと思っていました。

 

軽音部の方だって頑張りました。文化祭間近になるとバンドを組んで、放課後や土日に練習。文化祭本番では、スポーツ系の仲間たちが盛り上げてくれ、校内でも人気のバンドになりました。ところがイキガリNOBUのもう一面に、迷える子羊NOBUがいるのです。

 

 

迷える子羊NOBUは、自分は何のために生きているのだろう。生きるって何だろうと真剣に考えていました。良い学校に行くことが大切なんだろうか、学力がこの世の中の全てなんだろうか。私がいて誰かの役に立つのだろうか。そして、小さいときから自分がしてきた色々な悪いことに対する罪悪感が自分を襲うこともありました。そんな迷える子羊NOBUを隠すかのように、イキガリNOBUが存在していたのです。

 

ゴスペル音楽はそんな私の心を見透かすかのように、ノックしてきました。自分のしてきた数々の罪に対して言葉にならないほど大きな悔い改めが押し寄せてきたのです。

 

 

そして涙が止まらなかった。

 

 

不思議なことに、英語の歌詞を全て理解できていなかったのにもかかわらず、そのような気持ちになったということです。普通ならば、歌詞の言葉が心に響くはずです。でも当時は歌詞を聴いていても英語がわかりませんでした。それなのに、感動し心が動かされたのです。ここに歌の大切な要素が含まれていることに気がつきました。

もし歌う人が、本当に心から歌っているならば、歌詞が母国語でなくても伝わるのだということです。

ゴスペルの世界が私の心に響いたのは、歌っている人々の熱い信仰による歌声だったからなのです。

 

 

今はスマホで音楽を聞いています。特に車に乗るときはいつも、アメリカのラジオ「Black Gospel Radio」を流しています。このラジオ番組の良いところは、ゴスペルの古い曲から新しいコンテンポラリーの曲まで幅広く紹介してくれることです。「お、いい曲だな」と思ったら、コンサートで歌ったりゴスペルレッスンで指導したりします。昔も今も、好きな曲の探し方はあまり変わらないのかもしれませんね。

 

イキガリNOBUと迷える子羊NOBUは、今でも私の中で行ったり来たりを繰り返しています。でもその度にゴスペルは私を、いつも正しい道へと軌道修正してくれている気がします。もしも私と同じような人がいるとすれば、ぜひその方にもいつか、ゴスペルに出会って欲しいと願っています!


FollowMe

 


そのほかのお話

ChristmasStory

佐々木潤クリスマスアルバム『CHRISTMAS STORY』

ピアニストの佐々木 潤さんが今年2021年にリリースされるクリスマスCD 『CHRISTMAS STORY』に、コーラスアレンジとして参加させていただきました。
 
潤さんが以前聴かせてくださった「今日ダビデの街で」という曲が、時々思い出され心温まり、いつか歌いたいと思っていました。
クリスマスの最初の出来事を、このCDを通じて少しでも味わえるクリスマスとなれば幸いです。
 
現在先行予約中で、明日2021年11月25日から発売開始だそうです。
以下のサイトから詳細を見られますのでぜひチェックしてみてください!
 
 
 
 

FollowMe

–NEW–

  • NHK文化センター青山教室オンライン講座:クリスマスに讃美歌を歌おう!

    20221221NHK讃美歌を歌おう

    2022年12月21日(水)19:00〜20:00、NHK文化センター青山教室主催のオンライン講座「クリスマスに讃美歌を歌おう!」が開催されます。 今年のクリスマスは、ご自宅で讃美歌を歌ってみませんか?   ●対象:音楽…


  • ゴスペルワークショップ in 丸亀 vol.3

    221126ゴスペルワークショップチラシ

    お申し込み受付中! 2022年11月26日(土) 10:00より、香川県丸亀市生涯学習センター5F小ホールにてゴスペルワークショップが開催されます。このワークショップでは、一足早くクリスマスにちなんだゴスペルソングを歌い…


  • 大森めぐみ教会「ゴスペルの集い」

    大森めぐみ教会 ゴスペルの集い

    2022年11月20日(日)13:15より、東京都大田区の大森めぐみ教会にて「ゴスペルの集い」が開催されます。   お申し込みは限定100名です。(本文最後にご案内) 思い出すとちょうど3年前の11月、大森めぐ…


HeaderLogo_black
NOBU -"Love Song" -

NOBU 5 – クリスマスソング”Love Song” –

2021年ももうすぐクリスマスがやってきます。色々なクリスマスソングがありますが、ゴスペルのクリスマスソングを一曲ご紹介します。

カーク・フランクリンの曲”Love Song”を、NOBU 5 のアカペラアレンジでお聴きください。

【YouTube】
https://youtu.be/_yalPOEbrbIkokokoko


FollowMe

–NEW–

HeaderLogo_black

NHK文化センター青山教室オンライン講座:讃美歌を歌おう〜Christmas編〜

2021年12月22日(水)19:00〜20:30、NHK文化センター青山教室主催のオンライン講座「讃美歌を歌おう〜Christmas編〜」が開催されます。

●対象:讃美歌を歌ったことがない方・音楽経験がない方〜経験者まで

●讃美歌(予定):『牧人羊を(The First Noel)』、『きよしこのよる(Silent Night)』

「讃美歌を歌おう」は、讃美歌を英語と日本語で歌い、歌詞の背景を深く知る講座です。

クリスマスソングの美しい旋律には、心が癒されます。欧米では、キリストの誕生を祝うために教会のミサに家族で出かけ、讃美歌を歌ったり、聖書の話に耳をを傾けたりするひとときです。

クリスマスにちなんだ讃美歌に焦点を当て、実際にピアノを弾きながら歌い、メロディや歌詞の発音などをレクチャーしていきます。
さらに讃美歌の作者や、歌詞の背景にある聖書の世界を知り、曲を深めていきましょう。

★詳細はNHKカルチャー青山教室より

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1240589.html

 

FollowMe

–NEW–

HeaderLogo_black
オンラインゴスペルワークショップ”HEAL OUR LAND” 2

オンラインゴスペルワークショップ”HEAL OUR LAND”

2021年10月30日(土)、オンラインによるゴスペルワークショップを開催。今回は、アメリカのゴスペルアーティストOsacar Williamsの曲”Heal Our Land”を一緒に深めていきます。
 
 
 
 

FollowMe

–NEW–

HeaderLogo_black
2021JapanTimesAlpha

英字新聞The Japan Times Alpha にインタビュー掲載

2021年9月17日(金)発売の英字新聞「The Japan Times Alpha/9月24日号」にNOBUのインタビュー記事が掲載。

ゴスペルと出会いなぜ歌い続けているのか、
日本でゴスペルを歌うことの意味、
また英語学習とゴスペルについてなどインタビューされた内容です。

「Japan Times Alpha」はお近くの書店、もしくは朝日新聞 販売店にてご購入いただけます。

全国の発売店は以下サイトにて検索することも可能です。
https://alpha.japantimes.co.jp/howtoget/

書店にない場合は、朝日新聞販売店でのお取り扱いとなるようですが
事前に、何部必要かをお電話でご予約された方が良いようです。

または、以下のホームページから
9/17から1週間は無料で読むことも可能です。
https://alpha.japantimes.co.jp/


FollowMe

–NEW–

HeaderLogo_black
NOBU グッとくる! ゴスペル! 番外編

【オンライン】グッとくる! ゴスペル!-番外編-

2021年7月18日(日) 2:00 pm〜3:30 pm、オンライン講座「グッとくる! ゴスペル!-番外編-」が開催されます。

この講座は、NHKカルチャー青山教室で行われている「グッとくる! ゴスペル!」の番外編です。心に響くゴスペルを、歌いながらちょっぴり深く知っていただくオンライン講座です。

テーマは、「隣人(となりびと)」

オリジナル英語ゴスペル『Fill My Cup』を初公開。

どうぞお楽しみに。

「グッとくる! ゴスペル! -番外編-」
●日時:2021年7月18日(日)2:00-3:00 pm

●内容:NOBUオリジナル曲『Fill My Cup』(英語)

●方法
Zoomアプリを使用したオンライン講座
・こちらのZoomアプリを事前にインストールしてください。
・スマホかパソコンをご使用ください。
・イヤホンを使用することをお勧めします。
・LANケーブルかwifiに接続し通信環境の良いところから参加ください。

●講師:NOBU

●受講料:¥3,500(税込)

●お申し込み・詳細
以下ARTOSホームページより

●お問い合わせ
ARTOS
support@artos.work

 
 

FollowMe

–NEW–

HeaderLogo_black
【オンライン】グッとくる! ゴスペル!

【オンライン】グッとくる! ゴスペル!

2021年4月から6月の水曜19:00-20:00、計3回にわたり、NHKカルチャー青山教室主催オンライン講座「グッとくる! ゴスペル!」が開催されます。
 

この講座は、心に響くゴスペルを、楽しみながらちょっぴり深く知っていただくオンライン講座です。
課題曲の「歌い方」「歌詞解説」の2つで構成されています。

「ゴスペルって楽しそう! 」
だけど何だか難しそう……」
そんなイメージをお持ちのゴスペル初めての方。

「ゴスペルを歌っているけど、もっと深く知りたい」
という経験者の方まで楽しんでいただけます。

互いに顔と声は聴こえませんが、皆さんが目の前にいるとイメージしながら歌い方を指導します。

聖書の世界、英語の意味、作者の背景、黒人の歴史など多角的に歌詞の意味を探り、私たちにとってどんな意味があるのか考えてみましょう。

「グッとくる! ゴスペル!」
●日時:2021年4月21日(水)、5月19日(水)、6月23日(水)
いずれも19:00-20:00

・当日参加できなかった受講者の方のみ、見逃し配信で後日レッスン内容を見ることができます

●内容

課題曲は後日公開

●方法
Zoomアプリを使用したオンライン講座
・こちらのZoomアプリを事前にインストールしてください。
・スマホかパソコンをご使用ください。
・イヤホンを使用することをお勧めします。
・LANケーブルかwifiに接続し通信環境の良いところから参加ください。

●講師
NOBU

●受講料
3回分¥9,900(税込)

●お申し込み・詳細
以下のNHKカルチャー青山教室のホームページより「受講申し込み」から進んでください。
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1212718.html

・途中からの参加も可能です。

●お問い合わせ
NHKカルチャー青山教室
東京都港区南青山1-1-1
TEL: 03-3475-1151


FollowMe

–NEW–

HeaderLogo_black
NOBU & JUN It Is Well with My Soul

It Is Well with My Soul

ゴスペルシンガーNOBUと、賛美ピアニストJUNからPEACE=平安がありますようにという想いをこめて。少しLP風に仕上げています。

“It Is Well with My Soul (やすけさは川のごとく-聖歌総合版493番-)”
Words: H. G. Spafford
Music: P. P. Bliss
Vocal & Chorus & Picture: NOBU
Piano: JUN
Support: Wisdom Sound

 

●YouTube
https://youtu.be/dYGZpfSsfDI

 

●歌詞
When peace like a river attendeth my way, (平安が川のように 私の道に伴う時も)
When sorrows like sea billows roll; (悲しみが波のようにうねる時も)
Whatever my lot, (どんなさだめであれ)
Thou hast taught me to say, (あなたはこう言うよう教えられた)
It is well, it is well with my soul. (この魂は 安らかなりと)

(chorus)
It is well with my soul,
It is well, it is well with my soul.

やすけさは川のごとく
心ひたす時
悲しみは波のごとく
わが胸みたす時

(chorus)

My sin oh, the bliss of the glorious tho’t (私の罪 あぁ無上の喜び、その偉大な計画)
My sin not in part, but the whole (私の罪は一部だけでなく全てが)
Is nailed to the cross (十字架につけられ)
And I bear it no more, (もう負う必要がなくなった)
Praise the Lord, praise the Lord, O my soul! (主を賛美せよ 主をたたえよ 私の魂よ!)

(chorus)

The trump shall resound (ラッパの音が轟き)
And the Lord shall descend, (主がまた来られる時)
“Even so” it is well with my soul. (そうだとしても 大丈夫この魂は)

(chorus)

●曲の背景
この歌詞は、1828年にニューヨークで生まれたスパフォードによって書かれました。
1873年、スパフォードは海難事故で一度に4人の娘を失います。
その時の気持ちを言葉にしたのが、この歌詞だと言われています。

●NOBU & JUNの他の曲
讃美歌”Jesus Loves Me”: https://youtu.be/nIqz0EwnZxw


FollowMe

–NEW–

HeaderLogo_black